無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

932
2021/10/08

第36話

# 35

『 …… 』










「 あなた、 」










『 、? 』










「 おいで 」










最近、外に出せてあげられてないのもあって少し退屈そうなあなた










『 (膝の上座る) 』










「 …少し出掛けるか 」










『 いー、の? 』










「 いーよ、どこ行きたい? 」










『 う、み 』










「 海、ね 」










『 …だ、め? 』










「 ちょっと待ってね 」










たぶんこれからもっと、家にいる時間が長くなるだろうから










「 樹、プライベートビーチ貸しきって 」










樹「 分かりました。あと何かありますか? 」










「 じゃあ、後は… 」










『 …、? 』





















『 う、み…! 』










「 あんま遠く行くなよ笑 」










ついた途端に走っていったあなた。

やっぱり退屈してたんだな









「 あなた、手出してみ 」










『 (手出す) 』










「 海触ってみな 」










『 き、もち…い 』










「 ん、良かった笑 」










『 あなた、ここに住んでる生き物見に行くか 』










『 い、きもの…、? 』










「 おいで、 」










水族館










『 こ、こ…なに? 』










「 海に住んでる魚を見る所 」










?「 よ、 」










「 あ、菊池 」










菊池「 水族館貸してくれってビビったわw 」










「 しばらく家で退屈してたから 」










菊池「 あなたちゃん久しぶりw 」










『 (コク) 』










「 お前んとこ会社もあるから 」










菊池「 まァ、ご自由にどーぞ 」










「 ん、あなた行こっか 」










『 け、と…いき、もの…うごいてる…! 』










「 これ魚っていう生き物、あれがね… 」










入り口










『 zz… 』










菊池「 楽しめたみたいで良かったわ笑 」










「 ん、助かったわ 」










菊池「 まだ狙われてんだろ? 」










「 らしいな、だから様子見で外出さないようにはしてんだけど 」










菊池「 しばらく海外出張いけねーか 」










「 また海の時みたいになんかあったら嫌だからな 」










菊池「 ん、またどっか行きたいってなったら言って笑 」










「 ん、ありがと。じゃあまたな 」










♡×10