無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

夏祭り⑤
(なまえ)
あなた
もうそろそろ花火始まるね!
エマ
エマ
場所取りしよ!
ノーマン
ノーマン
うん!
レイ
レイ
あ、俺いい場所知ってるニヤッ
(なまえ)
あなた
少し歩いて
レイ
レイ
ここだ
エマ
エマ
ここ…誰もいないけど?
ノーマン
ノーマン
本当にいい場所?
レイ
レイ
まぁ騙されたと思えよ
(なまえ)
あなた
うん
ヒュー
ドンッ
すぐに色とりどりの花火が上がった
(なまえ)
あなた
わぁぁ…!
エマ
エマ
綺麗!
レイ
レイ
な!いい場所だろ?
ノーマン
ノーマン
うん(*^^*)
ドンッドンッ
パラパラ
私達はしばらく花火に見とれていた
今日は最高に楽しかったな…
(なまえ)
あなた
あれ?
私はなぜか涙が溢れてきた
エマ
エマ
どうしたの?
(なまえ)
あなた
目にゴミ入ったかな💦
私はみんなから顔を背けた
今日は最高だったはずなのに
何も悲しいことなんてなかったのに…
でも涙は止まらない
そしてピンクバラの花弁も流れてきた
ああ…そっか…
私は何とか涙を引っ込めた