無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

デート②
(なまえ)
あなた
人いっぱいだねぇ!
私達はショッピングモールに来た
レイ
レイ
どこ行くんだ?
(なまえ)
あなた
んーじゃあ最初はプリクラ!
レイ
レイ
やっぱりな‪w
私達はゲーセンへ駆け込んだ
早速撮ります!
3、2、1…パシャッ
(なまえ)
あなた
わああなんか事故ってる!?/////
レイ
レイ
スゲー顔
レイは笑いをこらえている
(なまえ)
あなた
笑わないでよッ
レイ
レイ
悪ぃ悪ぃ…プルプル
私は事故ってるのにこやつは盛れてる…
なんで女子より男子の方が盛れるのか…
え、そう思わない?(by作者)
気を取り直して…
「次は一緒にハートを作ってみてね!」
レイ
レイ
は!?
(なまえ)
あなた
レーイニコニコ
レイ
レイ
チッ…/////
パシャッ
(なまえ)
あなた
レイ顔真っ赤〜
私はクスクス笑う
レイ
レイ
うるせぇ/////
さっきの倍返しだ!
「最後はほっぺにキス♡」
レイ
レイ
は?ふざけてんのかプリクラ(ガチトーン)
(なまえ)
あなた
荒れるな荒れるな
(なまえ)
あなた
こういうのって普通男だけど私ほっぺにキスやりたいなぁ
ニヤニヤしながらレイを見る
そしたら耳まで真っ赤
レイ
レイ
なっ…パスだ!
レイってこういうのって嫌がるよね〜
けっこう攻める癖にさ
私は膨れてる
(なまえ)
あなた
1回だけだって!
レイ
レイ
断る
「3、2…」
(なまえ)
あなた
もう時間が!
レイ
レイ
おい…
チュ
パシャッ
私の唇がレイのほっぺに触れた瞬間にシャッター音が鳴った
写真を見ると2人共真っ赤だ
レイ
レイ
ばか野郎…/////
頭から湯気が出そうな勢いのレイ
ちょっとそれは反則じゃない!?
(なまえ)
あなた
ごめん/////
それから落書き中も2人は真っ赤だったとさ☆