無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

遊園地②
(なまえ)
あなた
ね、まじで行くの?
お化け屋敷が近付くにつれどんどん恐怖が募っていく
エマ
エマ
無理無理無理!私今日寝れなくなっちゃうっ
ノーマン
ノーマン
じゃあ一緒に寝てあげるよ?
エマ
エマ
な、な、な、な!?/////
(なまえ)
あなた
私が許さいよノーマン?
レイ
レイ
じゃ、お先にノーマン
レイは私の腕を引っ張る
(なまえ)
あなた
え、ちょ!?
遊園地のスタッフさん
お化け屋敷内では走らないようにお願いしますね!では行ってらっしゃい〜
半分無理矢理お化け屋敷に連れ込められる
(なまえ)
あなた
待って暗い暗い!
まだスタート地点なのにもう怖い
レイ
レイ
ったく、ほら手繋げばいいだろ?
レイはさっさと歩いて行く
ガタッ
(なまえ)
あなた
ひげぇぇ!
レイ
レイ
おい、耳元ででっかい声出すな!
(なまえ)
あなた
ごめんバクバク
物音でビビってしまった…
しかも変な声出たし
レイ
レイ
ほら、さっさと行くぞ
レイは私を置いてすたこらさっさ
(なまえ)
あなた
え、ちょっと待って!?
あわてて追いかけようとすると誰かに肩を掴まれた
(なまえ)
あなた
ひっ…
ひんやりと冷たい手
全身の鳥肌が立つ
ゆっくり振り向く…
遊園地のスタッフさん
ばぁ!
次の瞬間お化け屋敷に私の絶叫が響き渡った
✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
レイ
レイ
あー耳痛てぇ
レイはまだ耳を抑えている
(なまえ)
あなた
ごめんて
レイ
レイ
ほんっとに誰かさんのせいでなぁ!?
(なまえ)
あなた
ちょちょ、タンマ!
私は首に回るレイの腕をぺちぺち叩く
ノーマン
ノーマン
まぁまぁその辺に
ノーマンがたしなめ言葉を続ける
ノーマン
ノーマン
じゃあ今からは別行動にしよう
(なまえ)
あなた
おお!さんせ〜
すぐにノリノリになる私
エマ
エマ
それじゃあ…何時にまた集合する?
エマがちらりと時計を確認する
今は15:30
レイ
レイ
あんまり遅くなるとママも心配するしな…
(なまえ)
あなた
それじゃあ18:00でいいんじゃない?
エマ
エマ
りょーかいっ
ノーマン
ノーマン
それじゃあまた2時間半後に
ノーマンはそう一言言ってエマに引きずりられるように歩いて行く
(なまえ)
あなた
行っちゃった…
レイ
レイ
じゃ、どこ行く?
私は地図を覗く
(なまえ)
あなた
ん〜…じゃあこれ!
レイ
レイ
…コーヒーカップか
✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
私達はコーヒーカップに向かい合って座る
(なまえ)
あなた
よっしゃあ、じゃあ行くよ?
レイ
レイ
ちょ、そんなに勢い良く…
私は思いっきり勢い良くハンドルを回す
クルクルクルクル
レイ
レイ
バカっ回し過ぎだ!
(なまえ)
あなた
ぎょえええ

(なまえ)
あなた
うぇぇ…
レイ
レイ
ほら見ろバカ
見事に酔った私
レイにバカバカ連発されても言い返せれない
少しベンチで休憩する
その時
小さい男の子
ママぁ…










エマお誕生日おめでとう!!(一昨日)
もうすぐ約ネバも完結してしまう…(単行本)
でもアニメあるし実写映画もあるし〜
約ネバは終わらんぞ!