無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

夕日をバックに
(なまえ)
あなた
は~楽しかった~
エマ
エマ
うん(*^^*)
ノーマン
ノーマン
だね!
レイ
レイ
誰かさん達のせいで疲れるけどなポソッ
(なまえ)
あなた
何ですって?笑笑
レイ
レイ
お前とは言ってないけどニヤッ
エマ
エマ
アハハハ‪w
ノーマン
ノーマン
クスクス
(なまえ)
あなた
むー/////
エマ
エマ
わ!見て!
ノーマン
ノーマン
夕日が海に反射してる…
(なまえ)
あなた
綺麗…
レイ
レイ
ああ
私は友情、恋なんて信じれなかった
だけどエマ達に出会って
私を大切にしてくれた
笑顔を思い出させてくれた
私はレイのこと___

俺は恋なんて興味なかった
でもあなたに出会って
あなたの色んな顔を見れて
いつの間にか目で追ってる自分がいた
守りたい、誰にも渡したくない
俺はあなたのこと___
(なまえ)
あなた
レイ、好き…
レイ
レイ
あなた、好きだ…
私とレイは同時に言った
(なまえ)
あなた
…え
レイ
レイ
今…好きって
(なまえ)
あなた
そうだよニコッ
レイ
レイ
俺も(*^^*)
私達は唇を重ね___




そっとキスをした





夕日をバックに___