無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

秘密
あなたは森の奥に行った
(なまえ)
あなた
ゲホッ……ゲホゲホ
あなたはピンクバラの花弁を吐いた
(なまえ)
あなた
ハァハァ…
目には涙も溜まっている
(なまえ)
あなた
なんで…こんな運命なの…ハァハァ
あなたはうずくまって泣いた
ザッ
(なまえ)
あなた
!?
(なまえ)
あなた
レイ…
レイ
レイ
悪い…なんか様子変だったからつけてきた
(なまえ)
あなた
見たの…?
レイ
レイ
盗み見するつもりはなかった
(なまえ)
あなた
うん、レイはそんなことしない
レイ
レイ
教えてくれ。前からずっと気になってた
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
みんなには秘密ね。エマとノーマンにも
レイ
レイ
ああ
(なまえ)
あなた
私は涙がピンクバラの花弁になったり、最近は吐いたりするの
(なまえ)
あなた
原因は過去のストレスとかかな
(なまえ)
あなた
でも体はなんともないから大丈夫!
レイ
レイ
そうか
(なまえ)
あなた
だから心配しないで(*^^*)
レイ
レイ
分かった
レイ
レイ
無理…するなよ
(なまえ)
あなた
うん