無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

どうかな?
すみません作っている所は飛ばします💦

(なまえ)
あなた
出来た〜!
エマ
エマ
おおお!パチパチ(拍手)
2人で協力して出来たキャンディーとバームクーヘン
カラフルなフルーツキャンディー
プレーン、チョコ、抹茶、いちごのバームクーヘン
私達がうっとり見つめているとママが台所へ入って来た
ママ(イザベラ)
ママ(イザベラ)
2人共ここにいたのね…あらっ
ママはテーブルに置かれているお菓子に目をやる
ママ(イザベラ)
ママ(イザベラ)
まぁ美味しそうね!そう言えばお菓子作るって言ってたわね
ママは関心したように笑う
ママ(イザベラ)
ママ(イザベラ)
2人で作ったの?
エマ
エマ
うん!
エマが元気良く答えて、ほとんどあなたが作ったけどねと付け足した
(なまえ)
あなた
確かにエマ味見味見ばっかだったもんね
私がからかうとエマにあなた!と怒られた
ママはクスクス笑う
ママ(イザベラ)
ママ(イザベラ)
それじゃあこれは晩ご飯の後にしましょう
(なまえ)
あなた
うん!
エマ
エマ
早く食べたいな〜
(なまえ)
あなた
やっぱりエマ自分が食べたいのね
エマ
エマ
ちょっと!
(なまえ)
あなた
え、違うの?(ケロッ)
そんな小突き合いしながら食堂へ向かった
それからご飯を食べて片付けて…
いよいよです!
エマの顔はキラキラしている
それに苦笑しながら皆の前にキャンディーとバームクーヘンを置いた
年少者
わぁぁ!美味しそ〜♡
年少者
凄い2人が作ったの!?
エマはなんかドヤっとしてる
ラニオン
ラニオン
いやエマには無理だろ
トーマ
トーマ
エマは味見味見〜とか言ってそう
見事にトーマとラニオンに当てられた
エマ
エマ
ひっどい!
その横でレイが頷いてノーマンが苦笑いしている
(なまえ)
あなた
さぁ皆食べよっ
みんな
いっただきまーす!!
お皿に分けて皆幸せそうに食べる
年少者
美味しいーー!!
年少者
いちご頂戴!
年少者
二刀流!
私とエマは顔を見合わせて笑った
ノーマンとレイも美味しそうに頬張る
ノーマン
ノーマン
美味しいね!キャンディーは勉強の合間に頂くね
にっこり笑うノーマンに大喜びするエマ
エマ
エマ
良かった!
(なまえ)
あなた
(さてさてレイはどうかな?)
ちらりとレイを見る
レイ
レイ
美味いなこれ。ほんとにあなたが作ったのか?
と疑うレイ
(なまえ)
あなた
そうだよ〜私お店出せる!?
レイ
レイ
あんま調子乗んな
ドヤる私をチョップするレイ
(なまえ)
あなた
痛っ でも美味しいでしょ?
レイ
レイ
ああ。ありがとな
やったぁ!
私は振り向きエマに親指を立てる
エマも同じように親指を立てる
皆喜んでくれて良かった!