無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

冬休みに入って2日目
私は外の明るさに目を覚ました
そっと窓の隙間から外を見ると辺りは白い世界
(なまえ)
あなた
みんな起きてっ!!!
エマ
エマ
うわっ
ノーマン
ノーマン
どうしたの!?
レイ
レイ
うるせー
年少者
雪だ!!!
私達は自由時間外に飛び出した
初雪だッッッ
ママ(イザベラ)
ママ(イザベラ)
みんな風邪引かないようにね!
みんな
はーい!
ボフッ
私達は雪に埋もれる
(なまえ)
あなた
気持ち〜
エマ
エマ
冷たいっ
ノーマン
ノーマン
僕らの型が出来たね‪w
レイ
レイ
誰が誰かすぐ分かるな
✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
(なまえ)
あなた
じゃーん
エマ
エマ
可愛い雪だるま!
ノーマン
ノーマン
僕達みたいだねニコニコ
(なまえ)
あなた
ニヘッ
レイ
レイ
(可愛い/////)
(なまえ)
あなた
へぶっ
突然雪玉が飛んできて顔に当たった
ラニオン
ラニオン
当たった当たった!
トーマとラニだった
(なまえ)
あなた
よ〜く〜も〜ニコニコ
(なまえ)
あなた
仕返しだッッッ
トーマ
トーマ
うわあああ
エマ
エマ
私もッ
ノーマン
ノーマン
ゲラゲラ
レイ
レイ
ガキ‪w
レイ
レイ
ぐほっ
(なまえ)
あなた
あ、レイ(^^;)
レイ
レイ
あなた?ニッコリ
レイ
レイ
ドドドド
(なまえ)
あなた
ちょっとタンマッッッ痛っ
エマ
エマ
レイすごい!
(なまえ)
あなた
褒めてないで助けて!?
ノーマン
ノーマン
www←ツボってる人
その日は最高に楽しかった
日が暮れるまで雪玉や笑い声に溢れていた