無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

@















@








IU先輩と別れてから、 直ぐに楽屋に戻り、ひょん達に

あのことを報告した。



j k
j k
  あの!IU先輩と付き合いました!!  
j m
j m
  はぁん!?!?  
t h
t h
  え、ぐくから言ったの?  
j k
j k
  実は〜、IU先輩からなんですよ〜!  
j m
j m
  やばやば  







いいだろう と見せつけるようにあなたさんの方を見た瞬間、

あなたさん はすごく切ない顔をして僕に微笑んだ。






y o u
y o u
  ... おめでとうございます 、笑  









僕はその言葉に重みを感じた。









next