無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

@















@








時は過ぎても あなたさんとの間にはまだ壁があるままで。


僕から話しかけようと思った 、すると


あなたさんが口を開いた。







y o u
y o u
  IUさんとはどうですか ?  




二人っきりだというのに IU先輩の話が出てくる。






j k
j k
  え?あ〜順調だよ笑  
y o u
y o u
  そうですか、良かったです笑  




すると 君は直ぐに下を向くんだ。


次は僕から口を開く。






j k
j k
  ねえ、前言ってた事なんだけど  
y o u
y o u
  ...?  
j k
j k
  僕、あなたさんの事嫌いじゃない  






好きでもない 、嫌いでもない 、


僕とあなたさん はただ曖昧な関係でいる、それだけだった。







next