無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

@















@








ある日 てひょにひょん は嬉しそうに楽屋に入ってきた。


何かを聞いて欲しそうな顔をしてくるから、僕は てひょにひょん に聞いた。








j k
j k
  何かあったんですか?  
t h
t h
  え〜?実を言うとね〜  
t h
t h
  僕!この度!あなたと付き合うことになりました〜!!  
j k
j k
  .........  
j m
j m
  え、まんねらいん で付き合ってないの僕だけじゃん!!  
j m
j m
  まあ!?僕にはarmyという彼女がいるからね!?ふ〜んだッ!!
t h
t h
  へへっ、おめでとうって言いなさいよ〜♡  
j m
j m
  はいはい、おめでと〜  
j k
j k
  ... おめでとうございます  



僕は 素直に受け入れられなくて、

「 おめでとうございます 」 をちゃんと言えなかった。










y o u
y o u
  てひょん もう言ったの?  




と、後から入ってくるあなたさん。

僕の視界は てひょにひょん があなたさんに抱きついてくるところ。

僕はそれが気に食わなくて...。




j m
j m
  や〜、おめでと!あなたちゃん  
y o u
y o u
  ああっ、ありがとうございます!!  







僕の目から移るあなたさんの顔は


満面の笑顔だった ___







next