無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

@















@








楽屋で 僕は あなたさんと二人っきり。


すると 、あなたさんがこの沈黙を破った。








y o u
y o u
  ... ぐくさんって私の事嫌いですか?  
j k
j k
  ... え?  





今にも泣きそうな顔をしてくるから 僕は慌ててしまう。









y o u
y o u
  他のメンバーとは私への対応が違って  
y o u
y o u
 ...... あー、もうごめんなさい 、  
y o u
y o u
  ... 今のは忘れてください 、笑  





と 、あなたさんは 楽屋から出ていった 。






















" 俺だって出来たら仲良くしたいよ "









next