無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

38
2021/02/07

第14話

奇跡を生み出す日
古川 穂花
古川 穂花
よし......熱は下がったね。
翌日、俺の体調はすっかり回復して元気になった。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
あぁ......ありがと。
田中 智樹
田中 智樹
ホントのホントにもう平気?
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
うん......大丈夫......。
古川 穂花
古川 穂花
あたし達が介護してあげた割にはまだ体調悪そうね。
介護って俺はおじいちゃんおばあちゃんかな!?




......というか、全然休んだ気しないんだけど......。
二人が豪快過ぎて......!!
古川 穂花
古川 穂花
あたし達......迷惑だった......?
田中 智樹
田中 智樹
メーワク......?
うっ......そんな顔されると......!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......迷惑かどうかは置いといて、嬉しかったよ。ありがと。
古川 穂花
古川 穂花
本当?
田中 智樹
田中 智樹
マジ!?
二人はみるみる顔を輝かせる。
......俺ってこの二人に甘いかな......
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
さ。朝ごはん作ろうか。
古川 穂花
古川 穂花
あたしフレンチトースト!
田中 智樹
田中 智樹
俺サンドイッチ!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
えっ、どっちか一つね。
古川 穂花
古川 穂花
フレンチトースト!サンドイッチなんていつでも作れるでしょ!
田中 智樹
田中 智樹
サンドイッチ!フレンチトーストなんて朝から甘過ぎるよ!
......結局どっちも作った。













智樹&穂花
ご馳走様でした!!
二人の声がピッタリそろう。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
はい、お粗末様でした。
古川 穂花
古川 穂花
アンタさ、絶対将来お母さんだよね。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
なんでだよ。
古川 穂花
古川 穂花
良い旦那さんになれそう!
......サラッとすごいこと言うな......。
田中 智樹
田中 智樹
じゃあ俺、兄ちゃんと穂花姉ちゃんの子供になる!!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
えっ......
古川 穂花
古川 穂花
あっ......!?
末っ子の智樹の発言により俺と穂花の顔はみるみる赤く染まる。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
それは......ね。
古川 穂花
古川 穂花
うん、ちょっと......まあ。
恐ろしや、子供の発言......。
古川 穂花
古川 穂花
───二人とも。あたしさ、提案があるんだけど。
穂花が珍しく(は失礼か)キリッとした顔つきで話を切り出す。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
どうかした?
田中 智樹
田中 智樹
姉ちゃん、地球破滅するとか言わないよね......。
古川 穂花
古川 穂花
なんであたしが切り出す話題が地球破滅なの。そうじゃなくて!
バンッ





穂花は机を叩き、身を乗り出す。
古川 穂花
古川 穂花
子供だけの集落つくらない?
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......は?
田中 智樹
田中 智樹
しゅーらく?
穂花は満足そうにこらえられなかった笑みを俺達に向けた。