無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

34
2021/03/06

第18話

おじいさんに出会った日
田中 智樹
田中 智樹
兄ちゃん、ハンバーグ!
羽山 昴
羽山 昴
俺、焼きそば!
古川 穂花
古川 穂花
フレンチトースト~
御手洗 みお
御手洗 みお
......チキン南蛮。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
~っ、ちょっと待て!俺は居酒屋とかじゃないんだけど!?
皆の夕食の要望を聞いていた俺は痺れを切らしたかのようにツッコむ。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
せめて皆意見一つにまとめてみない?
田中 智樹
田中 智樹
おれ、ハンバーグが良い~!
羽山 昴
羽山 昴
焼きそばだって美味しいじゃねーか
古川 穂花
古川 穂花
ルーのフレンチトースト可愛いよ!
御手洗 みお
御手洗 みお
......十人十色。
あぁ、もう......ダメだ、これ......!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
いい加減にしろよ?この世界に、もう大人はいない。だから俺達は自分の力で生きないといけないんだ。だからワガママ言うな。
珍しくイライラした風に言ってしまった。






良いんだ、それで。







俺がいなくなった後でも、コイツらが安全なら......
古川 穂花
古川 穂花
......アンタ......なんか変。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
へ?
羽山 昴
羽山 昴
そうっぽいな。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
は?
御手洗 みお
御手洗 みお
......怪しい。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
いや......
田中 智樹
田中 智樹
変!兄ちゃんは諦めてないもん!
諦めてない......。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
諦めるに決まってる。だって、何も掴めていないのだから......!
俺は拳に力を込める。
古川 穂花
古川 穂花
ルーは......何に焦ってるの?
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
え......
何に?







俺がいなくなった後に皆が無事で居られるように?








俺は自分を助ける道を入れてなかったのか?







......いや、良いんだ。








俺はもう......疲れたんだ......









兄と恭子さんは、どれだけ必死に探しても見つからなかった。








きっと......これからも......









大人が消えていく世界で生きないと......
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
俺は......
一体どうすれば良いのだろう......?
???
これこれそこの五人。
突然俺達に声をかけられる。






なんか......懐かしみのある声で。
???
そうそう、そこの子供達だよ。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
俺達......ですよね?
俺は警戒しながらも質問する。
おじいさん
おじいさん
あぁ。こんにちは。
建物の影から現れたのは、おじいさん......つまり大人だった。
一同
えええ~~~!?