無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
14
2021/06/26

第28話

ダークヒーローが誕生する日
古川 穂花
古川 穂花
ハァ、ハァ、ハァ、ハァ
羽山 昴
羽山 昴
っ......っ......っ......
御手洗 みお
御手洗 みお
.........っ.........
あれから走り続けて十分。





みんなの体力も、もう限界だ。
田中 智樹
田中 智樹
兄、ちゃん......疲れたよぉ
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......ごめんね、智樹。少しだけ、あともう少しだけ頑張ろう。
小さな智樹をなだめる。






そう言ったものの、行く先も目的もない。







多分、あの集落には戻れない。







御手洗 みお
御手洗 みお
......あの道っ......入れる......














                    .
古川 穂花
古川 穂花
つ、疲れたぁ......!!
羽山 昴
羽山 昴
なんなんだよ、あれ......!
穂花と昴が人目のつかない公園の隅の草原で寝転がる。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
ごめ......俺にもわからない......
俺は両手両膝を草原につきながら答える。
古川 穂花
古川 穂花
プッ、アハハッ、ハハッ
突然穂花が笑いだした。






全く笑えないこの状況で。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
ど、どうしたの......?
古川 穂花
古川 穂花
いや、ごめ、プッ、ハハッ......!だ、だって琉雨がすごい思いきった行動してて面白くなって......!
俺は思い当たることがなくてビックリしたが次第にみんなも笑いだす。
羽山 昴
羽山 昴
確かにな......!あれは驚いた。
御手洗 みお
御手洗 みお
カレー......思いきってた。
田中 智樹
田中 智樹
すっげぇよね!兄ちゃん!大人に対して水思いっきりバシャーって!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
え、あ......
俺は顔を赤くする。


 



そ、そういえばよく考えてなかった......







ていうかっ.....もう逃げるとかに必死で......
古川 穂花
古川 穂花
よくやったじゃないの、琉雨!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
え......?
羽山 昴
羽山 昴
そうだなぁ......
御手洗 みお
御手洗 みお
感心、した。
田中 智樹
田中 智樹
めっちゃ格好良い!
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......引いてない?つか軽蔑してない?
なんというか......常識はずれ的な......
古川 穂花
古川 穂花
いや、むしろよく言ったって感じ。
御手洗 みお
御手洗 みお
言ったというか、やったというか。
羽山 昴
羽山 昴
まあ、それにしてもやったな!
田中 智樹
田中 智樹
兄ちゃん悪い子だぁ!
古川 穂花
古川 穂花
ダークヒーロー的なね。
羽山 昴
羽山 昴
うん?なんか違う気もするけど、そうじゃねーの?
御手洗 みお
御手洗 みお
......褒められてない。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
みお、多分それ本来俺が言う台詞。
確かにそうなんだけれどもっ!
......なんだ......傷つけるよかよっぽど良い。





言いたいこと言って、ちょっとしたイタズラをする方が、俺たち子供らしい。
古川 穂花
古川 穂花
さぁダークヒーローのリーダー琉雨?
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......なに?
羽山 昴
羽山 昴
これからどうするんだ?
......もちろん、決まっている。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
まずは、情報集めだ。
大人は、一体なにを隠している......?