無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

10
2021/06/23

第23話

告げる日
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
............
古川 穂花
古川 穂花
............
田中 智樹
田中 智樹
............
羽山 昴
羽山 昴
............
御手洗 みお
御手洗 みお
............
俺たちは深刻な顔で向き合う。




ここは集落。俺らの基地であり、帰れる家。






なのに、どうも息苦しい。







それはきっと、さっきのカプセルの集団のせい。






珍しく智樹が悲しそうだ。







昴も、みおも、穂花も。







俺は、どんな顔をしているのだろう......。
古川 穂花
古川 穂花
ルー
穂花が最初に口を開いた。





少し意外で、俺は「えっ」と声を出してしまう。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
な、なに......?
古川 穂花
古川 穂花
これから、どうするの?
これから......
田中 智樹
田中 智樹
みんなで......暮らすよね......?
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
え、それは......もちろ───
......でも、きっと、みおと昴は先に『眠って』しまう。





彼らは十六才。






俺らは十四才。





智樹は十二才。







八年後には......全員消える。







俺も含めて。







そしたら......智樹は一人。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......いや......決めた。
一同
え?
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
この集落は、解散する。








──────────────────
更新遅れてすみません!