無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2021/06/25

第26話

始まりへのカウントダウン
この世界では、二十歳になると同時に眠らされ、閉じ込められる。






その事実をみんなに知らせるか悩んだあの日から数ヶ月がたった。






幸せな日常は、跡形もなく、消え落ちる。







足音たてずに遠ざかる。






過去は過去のまま、消されていった。
古川 穂花
古川 穂花
あー!!!スーバールっ!アンタ、あたしのフレンチトースト食べたでしょ!
羽山 昴
羽山 昴
はぁ?食ってねーし!
古川 穂花
古川 穂花
あたしの分減ってるんだけど!
均等、平等、公平!不条理反対!
羽山 昴
羽山 昴
だから知らねーって!
御手洗 みお
御手洗 みお
あ......穂花......多分、私......。穂花のって、知らなかった......ごめん......。
古川 穂花
古川 穂花
あ、なんだ、みおちゃんか。許す。
羽山 昴
羽山 昴
おかしくね?不平等反対っ!
古川 穂花
古川 穂花
この可愛い天使のようなみおちゃんが食べる権利のある琉雨の特製フレンチトーストをゴリラにあげる筋合いはない!
羽山 昴
羽山 昴
いろいろと道理がおかしいだろ!
みおが可愛いのは当然だが!
御手洗 みお
御手洗 みお
......昴?
羽山 昴
羽山 昴
あっ......なんでも、ねぇ......
御手洗 みお
御手洗 みお
............
羽山 昴
羽山 昴
う、でも、嘘じゃ......ねぇ......
古川 穂花
古川 穂花
ヒューヒュー、シンプルなのろけだこのヤロー!
羽山 昴
羽山 昴
うっせ、うっせ!お前はカレールーとイチャついてろっ!
古川 穂花
古川 穂花
はぁぁあ?なんであたしが琉雨と......いや、嫌いって訳じゃないけど、その......いや、あのね......?
御手洗 みお
御手洗 みお
穂花......顔赤くなってる。
古川 穂花
古川 穂花
みおちゃん様、そこは指摘しないでいただきたい......!
羽山 昴
羽山 昴
ヒューヒュー
古川 穂花
古川 穂花
Mr.ゴリラ昴?覚えとけよ?あとで百回ボコす!
田中 智樹
田中 智樹
穂花姉ちゃんたち、朝からうるさぁい......なに、仲良しなの?
古川 穂花
古川 穂花
おやおや?リトル智樹くん?あなたは目がどこについてるのかな?
田中 智樹
田中 智樹
誰がリトルだっ!オレは田中だよぉっ!オレ日本人だし、そんな洒落た名前じゃないもん。
羽山 昴
羽山 昴
うーん?ちょっと違うんだよな?w
御手洗 みお
御手洗 みお
まあ......小さい子だから仕方ない。
田中 智樹
田中 智樹
オレ小さくねぇもん!大きくなるし!
古川 穂花
古川 穂花
お、そこは伝わった。
羽山 昴
羽山 昴
ゴリラ女子の語彙力かな。
古川 穂花
古川 穂花
はぁ?誰がゴリラだって?Mr.ゴリラ昴?
羽山 昴
羽山 昴
テメェだよ、Mr.ゴリラ穂花?
御手洗 みお
御手洗 みお
......昴、女の人にはミスターじゃなくてミス。
羽山 昴
羽山 昴
え゙、そうだっけ?
古川 穂花
古川 穂花
はい、可愛い彼女からの指摘乙でーす
羽山 昴
羽山 昴
テッメェ、やっぱり女子じゃねぇ!
古川 穂花
古川 穂花
はぁ?こんな可愛いビジュアルしてるんだよ?女子以外のなんなのよ?
羽山 昴
羽山 昴
ゴリラ
古川 穂花
古川 穂花
やっぱアンタ絵師さんに謝れ!
田中 智樹
田中 智樹
二人とも、かなりリアルなこと言ってるね。
御手洗 みお
御手洗 みお
智樹、あそこは無視しよっか......?
田中 智樹
田中 智樹
ねー、お腹すいたぁ
穂花&昴
無視すんなや!
羽山 昴
羽山 昴
だいたいこの女が───
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
......昴?穂花?
穂花&昴
あっ
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
そろそろ黙ろっか?
田中 智樹
田中 智樹
あ、兄ちゃんおはよっ
御手洗 みお
御手洗 みお
カレー......おはよ。
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
うん、智樹、みお、おはよ。みおに関しては俺の名前、原型ないんだけど。
御手洗 みお
御手洗 みお
美味しそう......
三毛門 琉雨
三毛門 琉雨
いろいろと問題。
騒がしい朝から始まるのは、毎日、つまり日常。





こうして二十歳になるその日まで続くと思っていた






それなのに......あれ奴らが来たんだ。






自己中心的な、アイツらが。
???
ここはもう、終わりだ。