無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

出会い
You
You
あー😭
疲れた〜
いつもの場所行くか〜
私は今お気に入りの図書館に居る。
ただいるのではなくーーー寝ています。笑笑
You
You
あれいつの間に寝てたの自分!
もう7時です。あなたちゃんはお寝坊さんですね!
You
You
ん?
あれ?
お母さんからもらったハンカチがない!😭
お母さんから最後にもらったプレゼントなのに😭😭
そうです。あなたちゃんのお母さんはあなたちゃんが中学生の時に亡くなってしまいました。
あなたちゃんはそこから1時間も学校中を探しましたが無かったのです。
You
You
あーーーー
もうダメだ。
ごめん。お母さん。
クジョンモ
クジョンモ
あの、
これ君の?
あそこに落ちてたよ。
You
You
エッ
あっ、本当にありがとうございます!
😊☺︎
クジョンモ
クジョンモ
💭笑った顔めっちゃ可愛いんだけど、
You
You
本当よかった!
クジョンモ
クジョンモ
あのあなたの名前はなんですか?
You
You
1年C組のあなたです!
クジョンモ
クジョンモ
違うクラスかー。
えっとね僕はね1年A組の
クジョンモ
クジョンモ
クジョンモです!よろしく!
You
You
よろしくね!
君と出会った事は運命だ。