無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

252
2021/01/13

第26話

21
ヨンコンビョルコン
ヨンコンビョルコン
あなたおかえり~
(なまえ)
あなた
ただいま~
マンネライン
マンネライン
おかえり~
エア
エア
今日の仕事って何?
マネオンニ
マネオンニ
雑誌のインタビューと撮影だよ
ソラ
ソラ
あなた着替えておいで
(なまえ)
あなた
わかった~
あなたが着替えているとき
ムンビョル
ムンビョル
今日どうだったんだろうね(小声)
ソラ
ソラ
見えるとこには傷なかったよね(小声)
フィィン
フィィン
お腹とかだったらわかんないね(小声)
(なまえ)
あなた
(何しゃべってるんだろう?)
同じ部屋の隅っこで着替えてます
試着室みたいなのが隅っこにあるみたいな…
なので会話しているというのはわかります。内容まではわかりませんが
ファサ
ファサ
マネオンニに確認しておいてもらう?(小声)
ヨンコンビョルコン
ヨンコンビョルコン
そうしよう(小声)
エア
エア
着替え終わったよ
エア
エア
あ~なるほど
エア
エア
さっき何はなしてたの?
ムンビョル
ムンビョル
文化祭の出し物なにになったかな~って
フィィン
フィィン
何をすることになったの?
エア
エア
よくわかんないけど食べ物系になったらしい
マネオンニ
マネオンニ
そういえば、あなたの高校の文化祭にMAMAMOO参加することになったよ
ソラ
ソラ
あなたがばれないようにしないと…
ムンビョル
ムンビョル
いっそバラしちゃえば?
フィィン
フィィン
いじめなくなるかも
ファサ
ファサ
それいいね~
ソラ
ソラ
あなたそれでいい?
エア
エア
うん
ムンビョル
ムンビョル
今日は手出されてない?
ファサ
ファサ
腕とか足にはなさそうだけど
エア
エア
お腹と背中をちょっとだけ。
まぁ大丈夫だよ
フィィン
フィィン
それ「ちょっと」じゃないよ
ソラ
ソラ
見せて
エア
エア
うん…
傷見せる
 ↓
手当てしてもらう
エア
エア
ありがとう
ムンビョル
ムンビョル
どういたしまして
ファサ
ファサ
あなたがMAMAMOOのエアだって知ったら今までいじめてた人ってどんな反応するんだろうね
フィィン
フィィン
謝ってくるのかな
エア
エア
びっくりするんだろうね
マネオンニ
マネオンニ
もうそろそろ撮影始まるって。いったんこの話終わり。撮影行ってらっしゃい
ファサ
ファサ
オンニ先行ってて
👀(マネオンニに確認してもらえるように話しておくから)
フィィン
フィィン
👀(なるほどそういうことか)
ヘジン待ってるから先行ってていいよ~
ムンビョル
ムンビョル
👀(了解(`・ω・´)ゞ)
あなた~ヨンソンオンニいっしょにいこ~
ソラ
ソラ
わかった~あなたいこ~
👀(何か伝えたいんだろうけど何を伝えたいのかわかんない)
エア
エア
うん。へジンオンニたち先に行ってるね
ソラとムンビョルとあなたが楽屋を出た後
マネオンニ
マネオンニ
なんか話したいことでもあるの?
ファサ
ファサ
あなたの制服のポケットに録音機あるから確認しておいてほしいな~って
マネオンニ
マネオンニ
ん?それはどういうこと?
フィィン
フィィン
事情説明中









マネオンニ
マネオンニ
あ~そういうことね
ファサ
ファサ
そう。コピーして私たちかオンニたちに送ってほしいんだ
マネオンニ
マネオンニ
分かったよ。やっておく。
マンネライン
マンネライン
ありがとう
マネオンニ
マネオンニ
でも今後こういうことをするときはマネの私にも話してください
マンネライン
マンネライン
は~い
マネオンニ
マネオンニ
じゃあ確認しておくから行っておいで
マンネライン
マンネライン
行ってきま~す
作者クルリンパ
作者クルリンパ
何時くらいに公開するのがいいですか?
次回はいきなりですが文化祭前日になります。