無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

168
2021/02/06

第15話

第15話 らっだぁの過去と侵入
梨花
梨花
そういえば…らっだぁの過去について語るの忘れてた
梨花以外の皆
梨花以外の皆
はい?
梨花
梨花
語ります。
梨花以外の皆
梨花以外の皆
どうぞ…
梨花
梨花
私が見たらっだぁの過去
梨花
梨花
らっだぁは頭のいい医者と社長を親に持ったので
常に成績がいい事を求められてきました。
他の子だったらスゴイーー勉強法教えてとなるのに。

お母さんはダメじゃないの全く…
と常に成績が良かったとしても褒められたことがありませんでした。

中3の時。
俺はずっとぺいんとがいいな〜と思ってきた。
バカらしいのに成績も優秀で。友達もいっぱいいて、いいな〜。
と…
俺は、習い事が無い日の放課後1人でいるのが俺にとっての裕福だった。

そんなある日
やっぱり落ち着くな〜。
ガラガラ〜
(ぺいんとじゃねーか。)
ぺ 誰かいる? あったーー筆箱。危ない宿題ができない所だった。
何してんの?
ぺ うわっ!!らっだぁくんじゃん!
お前はいいよな友達もいて俺とは反比例だよ。
ぺ じゃあ~今から友達になろうよ!!!!!
え?
そこから俺はちょっとだけ学校が楽しいと思えるようになった

だけどある日事件が起きたんだ。
俺はぺいんとにお母さんのストレスを解消するまで殴り続けていた。

気がつくとぺいんとは意識が朦朧としていた。
ぺいんとはずっと俺のパンチを受け続けたのだ。

俺は 何でだよ。抵抗しなかったんだよ!!

ぺ 俺の友達だから親友だから。

俺はずっと謝ることしか出来なかったのだ。

ぺいんとはお母さんに

ぺ ちょっと悪い人に殴られました。

お母さん 大丈夫??警察呼ぶ?

ぺ 大丈夫!! 顔覚えてないし

お母さん 本当に?? らっだぁくん付き添いありがとう。
ちょっと用事あるからぺいんとのこと宜しくね。

はい!

何で庇ったの?悪い事したも当然なのに。

ぺ 守りたかったから。

ありがとう。俺はずっとぺいんとを抱きしめてありがとうとずっと言っていた。
そして俺はずっとぺいんとのことを俺が守り続けると誓った。
梨花以外の皆
梨花以外の皆
おお‥
ぺいんと
ぺいんと
俺恥ずい///
梨花
梨花
フフ。
とりあえず侵入方法を考えましょう。
梨花以外の皆
梨花以外の皆
そうだね(な)(ろ)
梨花
梨花
今玄関前です。
ここからですよ。恐怖の始まり
トントン、鬱先生、ゾム、ロボロ、コネシマ
トントン、鬱先生、ゾム、ロボロ、コネシマ
らだおせんせーを救うためなら
ぺいんと
ぺいんと
らだおを救うそして永遠に守る。
梨花
梨花
じゃっ侵入開始。
あぶねーらっだぁ居ました。
侵入開始。