前の話
一覧へ
次の話

第2話

手紙
手紙らしきものの中身を読んだ。
川凪 凛
何これ?どうゆうこと?
私は理解出来なかった。
手紙に書かれていたことは…
[あなたのクラスの中の1人が1ヶ月後自殺する。]
下の方にもう1文書かれていた。
[お願い。その人を止めて。]
川凪 凛
1ヶ月後に自殺?
川凪 凛
このクラスの中の1人が?
川口 蒼太
なになに?
川口 蒼太
なにこれ?
川凪 凛
ちよっと!
川凪 凛
返してよ!
川口 蒼太
自殺?
川口 蒼太
どうゆう事だよ?
川凪 凛
私にもわかんない。
川凪 凛
でも、うそじゃないと思う。
川口 蒼太
嘘だろ笑
川凪 凛
川口 蒼太
まじ?
川凪 凛
まじ
キーンコーンカーンコーン
川凪 凛
あ、チャイムなった。
川凪 凛
そろそろ返してよね!
川口 蒼太
わかったよー
私は彼から紙をとった。
川凪 凛
もー!
川口 蒼太
ごめんって笑
佐藤 こはる
なになに笑もう仲良くなったー?
川凪 凛
なってない!
川口 蒼太
仲いいじゃん!
佐藤 こはる
で、さっき何2人で話してたの?
川凪 凛
それは…
川口 蒼太
手紙のこ、と、わぁ!
川凪 凛
しー!
川口 蒼太
なんでよー
川凪 凛
あんまり人に話さない方がいいと思うから!
川口 蒼太
そっか!
佐藤 こはる
気になるんだけどー!
川凪 凛
ひみつ!
佐藤 こはる
ケチ!