無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20話
310
2019/02/03 09:34
上木美蘭
…え…?
美蘭ちゃんの驚き悲しむような声が耳に入った。

明るくていい子で、嫌味なくてムカつく。

私にはキラキラしすぎてて眩しいの。
見てるだけで負けたような気分になる。



































あなた
あんたなんか、転校して来なければ良かったのに。

私はいい子なんかじゃない。

本心だった。


心の底から叫んだ。