無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15話
398
2019/01/19 09:38
美蘭ちゃんは、そのルックスと夏に咲く凛とした向日葵のような笑顔で男子からたちまち人気になった。








もちろん、それを気に入らない女子もいて何度か彼女の悪口を聞いていた。
わたしは席が近いこともあってよく話すようになった。
それでも正直、あまり美蘭ちゃんのことを好きにはなれなかった。
永瀬廉
Xに代入すると解けるから、やってみて。
数学の授業中、私たちが問題を解いているとき進行具合を確かめるために先生は歩き回る。
廉先生と話したいって言うのもあるけど、分からないところの質問をする為に声をかけようとすると、








































美蘭ちゃんの声によって避けられてしまう。