無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第22話

22話
330
2019/02/11 12:21
周りが静かになって、今まで追い詰めてた子達の驚きの顔が視界に入る。

わかってる。

私が最低だってことくらい。綺麗にはならないことくらい。








嫉妬にまみれていることくらい…。





今更自分のしたことに恐ろしくなってその場から逃げるように立ち去った。
















私の足がたどり着いた場所は誰も使っていない空き教室だった。