無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14話
652
2019/01/05 05:26
永瀬廉
バカでしょ。なんでそんな可愛いことしてんの。
バレないように小声で話しているのが2人の秘密みたいですごくドキドキする。
あなた
だって…、んっ、
永瀬廉
キスしてあげたのに、なにその顔。
あなた
…誤魔化そうとしないでください…、美蘭ちゃんに変な男につかまりそうで心配とか…言ったくせに。
永瀬廉
じゃあ、あなたの心配もしてあげればいいの?
他の女の子に無駄に優しくしないで欲しいのに。
あなた
してくれますか…?
永瀬廉
んー、でもあなたは手遅れだよ。
あなた
え…?
永瀬廉
俺が捕まえて、離してあげないから。