無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21話
327
2019/02/03 09:41
腹立たしくて、羨ましくて、

















少しでもこの子の存在を消したかった。

廉先生を誘惑する子なんて消えちゃえって、そう思っちゃったの。



























水が汲んであったバケツが目に入る。

真っ赤に燃え上がった炎を消すかのように美蘭ちゃんに水をかけた。