無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

二話
(なまえ)人間時
あなた人間時
ただいま〜
珠世さん
おかえりなさいあなた
ゆしろー
コクリ
(なまえ)
あなた
あー疲れたぁ
珠世さん
会えましたか?
(なまえ)
あなた
全然…
珠世さん
そうですか…
(なまえ)
あなた
ねえ、母上〜…
珠世さん
はい?
(なまえ)
あなた
母上はさ〜…鬼嫌い?
珠世さん
ええ…でもいい鬼は好きですよ
(なまえ)
あなた
そ〜う〜?
チラッ
ゆしろー
……//
(なまえ)
あなた
フフフッ
珠世さん
ん?
珠世さん
久しぶりに浅草行きますか?
ゆしろー
コクリ
(なまえ)
あなた
私も……行く〜
珠世さん
では行きますよ
(なまえ)
あなた
うん!
ゆしろー
コク
テクテク
たんじろー
〜〜〜〜〜!!!!
(なまえ)
あなた
なんだろ?
珠世さん
さあ…
ゆしろー
(なまえ)
あなた
クンクン
(父様の匂いかな?)
(なまえ)
あなた
私、先帰ってるね…(ちょっと気分悪いな)
珠世さん
ええ…
数分後
珠世さん
あなた。手当をお願いします
(なまえ)
あなた
ん?分かった
鬼?と女の方?
珠世さん
ええ…
(なまえ)
あなた
りょーかい