無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

昔話
高校3年生の時の話だったと思う。
ジョシュア
ジョシュア
ジョンハナ~頑張ってね!!
スンチョル
スンチョル
お前ならできるぞ!!!
ドギョム
ドギョム
先輩っ!頑張ってください!!!
ジョンハン
ジョンハン
まあ、見てろって!
高校の体育祭の日、3年生のエースだった俺はほぼ全部の競技にフル出場だった。

その中でも楽しみにしていた競技、「バスケ」がそろそろ始まろうとしていた時だった。
ジョンハン
ジョンハン
あ"っ
チーム同士で挨拶をしている時に激しい頭痛に襲われた。

その時は、疲れによる頭痛だろうと軽くみていた。
試合も終盤になってきた時に事件は起こった。

相手のチームのひとりが思いっきり俺にぶつかってきた。
いつもならすぐさま立ち上がって試合に参戦にできるはずだったのに、その日は違った。

ジョンハン
ジョンハン
う"あぁ"いたっい"あっっ
とにかく体中に痛みが回り意識が遠のくのが分かった。
ジョシュア
ジョシュア
ジョンハナ!!!???
スンチョル
スンチョル
ジョンハン!?!?!?
ドギョム
ドギョム
ヒョン!!!!
なんだよ、、楽しみにしていたのが台無しじゃねーかよ。
なんて、その時はほんとに呑気に思っていた。

















だって、こんなことになるなんて思ってもいなかったから。