無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,433
2021/08/13

第3話

2話
ー西谷視点ー



どうやったらあなたを戻せるか……



というかあなたがバレーをやめた理由ってなんだ……?



……旭さんなら知ってるかも。



あいつは旭さんに憧れてたしな。
西谷 夕
……



集中して考えていたせいか、少し周りの音が遠くなっていた。



あなたが戻ってこないと、来年は日向にエース取られちまうぞ……?
……さん!



いくら日向や影山が入って来たって、あいつが来ないと烏野も本調子を出せないし……
日向翔陽
ノヤさん!
西谷 夕
うおっ
西谷 夕
翔陽か!どうした!?
日向翔陽
いえ、あの……
西谷 夕



言いにくいのか、目をあっちこっちさせてる。
日向翔陽
あの、さっきのコーチと大地さんの話なんですけど
西谷 夕
これで全員かって話か?
日向翔陽
は、はい!



なんて言えばいいか……。



「おう!いるぞ!」……これはなんか違うな。



「あー……いないいない!」これはあなたを否定しちまうし……。



「……もうすぐ帰ってくる」



いやでも、あなた頑固なとこあるしなぁ……。
西谷 夕
うーん……
日向翔陽
……?
日向翔陽
もしかして、まだいるんですか!?
西谷 夕
えぇっと……



どう言ってやるべきだろう……。



……いや待てよ?



確か旭さんを戻してきたのは翔陽だったよな?



……。
西谷 夕
なあ翔陽



相談してみようとしたそん時だった。
澤村大地
休憩終わりー!!



タイミング悪ぃ……
日向翔陽
ノヤさん……?
西谷 夕
……いや、なんでもない!



やっぱもうちょい俺と龍でねばってみるか。







ーあなた視点ー
あなた
……



本当はわかってんだ。



東峰先輩になれないのは当たり前で



自分は別の武器を伸ばせばいい。



でも、やっぱり東峰先輩に憧れてしまう。
















……もうやめたんだし、関係ないか。