無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

340
2021/04/02

第19話

最強の弱味(関係ない)
凌駕side
俺は任務を終え帰ろうとした
その任務にはまる三日ほど付き合わされた

さすがに疲れたのか、俺は帰ってる途中意識を失った
ちょうどあそこで倒れたとは思いもしなかった
胡蝶しのぶ
凌駕さん?!
しのぶside
薬に使う薬草を取りに外へ出たとき
凌駕さんが倒れていた
胡蝶しのぶ
息はしてる、
胡蝶しのぶ
顔が、、
顔があまりにも傷だらけだった
胡蝶しのぶ
とりあえず屋敷に
胡蝶しのぶ
アオイ!
神崎アオイ
はい!
神崎アオイ
ってなんですかこの人、
胡蝶しのぶ
今からこの人を屋敷の中へ
神崎アオイ
はい!
アオイと一緒に持ち上げた瞬間
胡蝶しのぶ
神崎アオイ
っ!
神崎アオイ
カッ軽い……
胡蝶しのぶ
凌駕さんはご飯という物の存在を知らないのでしょうか←
神崎アオイ
知らなそうですね←
雨水 凌駕
雨水 凌駕
たん……じろう
神崎アオイ
今なにか?
胡蝶しのぶ
いいえそれより早く運びましょう
神崎アオイ
そうですね
部屋に運び診察をして包帯を巻き凌駕さんを寝かせ
私も眠りについた
翌朝
凌駕さんの様子を伺いに行った
まだ意識はなかった
胡蝶しのぶ
……
雨水 凌駕
雨水 凌駕
っ……
雨水 凌駕
雨水 凌駕
ハアハアハアハア……
胡蝶しのぶ
どうしましたか??
凌駕さんが急に目を開けた
顔を覗き込むと
胡蝶しのぶ
右目が紫になっていた
雨水 凌駕
雨水 凌駕
めっ迷惑だったな……帰る……
と言いながら凌駕さんが立ち上がろうとした時
凌駕さんは立てなそうにしながら顔を紅色に染めた
胡蝶しのぶ
まだ帰ってはいけません体を休めないと
雨水 凌駕
雨水 凌駕
いや迷惑だから帰りたいとは思った←
胡蝶しのぶ
返しません
雨水 凌駕
雨水 凌駕
お前と一緒に居たくない
雨水 凌駕
雨水 凌駕
耐えられない親を刀一本で軽々殺した奴に手当されたり優しくされたりしたくない。
胡蝶しのぶ
そうですよね、ごめんなさい
胡蝶しのぶ
本当にごめんなさい
胡蝶しのぶ
そして私のことを守ろうとしてくれていたなんてに本当に知らなかった……ありがとう……
雨水 凌駕
雨水 凌駕
うっ……
胡蝶しのぶ
どうしましたか?
凌駕さんは急にお腹を抑え始めた
雨水 凌駕
雨水 凌駕
いや、何も
雨水 凌駕
雨水 凌駕
俺帰るわ
凌駕さんは渋々たって帰ろうとした
胡蝶しのぶ
待ってください!目が!
雨水 凌駕
雨水 凌駕
うるさい
と言いながら消えた
凌駕side
俺は最後の力を振り絞って帰った