無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

291
2021/04/02

第18話

状把
竈門炭治郎
はぁやっと追いついた!
嘴平伊之助
お前!早い!俺と勝負しろ!
雨水 凌駕
雨水 凌駕
あ?しねぇよ
雨水 凌駕
雨水 凌駕
じゃあここから自由行動でぇー
竈門炭治郎
え?
雨水 凌駕
雨水 凌駕
ん?
竈門炭治郎
どこに行くとか決めないんですか?
雨水 凌駕
雨水 凌駕
決めない決めない自由だよっ
と言いながら凌駕さんは消えた
竈門炭治郎
っ……
竈門炭治郎
じゃあ伊之助は、
っ居ない……
もしかして本当に自由行動なのか
と、思いながら任務は続いた
その日はまる3日その山にいた
けど俺が倒した鬼はたったの五体
もうみんな帰ってるんじゃないかと心配になりながら匂いを嗅ぐ
すると、
竈門炭治郎
血の匂いがする
俺は血の匂いがした場所に駆けつけた
竈門炭治郎
凌駕さん!
傷だらけの顔をこちらに向けてきた
目を見ると
片方の目の色が変わっていた
よっぽど大きな衝撃を受けないと目の色は変わらない
凌駕さんはその鬼を一瞬で倒した
するとわざわざ俺の横に来て
雨水 凌駕
雨水 凌駕
どけ、
その一言を放って消えた
帰ったのだろう
竈門炭治郎
……はい。