第3話

紅魔館にて(2)
3
2022/06/26 12:04
その夜、文々。新聞の記者は唐突に訪れた。
射命丸文
はいは〜い、撮りますよ〜!
文が慣れた手つきでカメラのピントを合わせる。
射命丸文
それにしてもこの前の異変の元凶は何だったんですかねぇ
博麗霊夢
はあ、そんなの後々分かるわよ
霧雨魔理沙
この記事新聞にするのか?
射命丸文
ええ、まあ花果子念報には負けたくないですからね
射命丸文
何としてでも今年は大量に記事を発行しますよ〜!!
博麗霊夢
デタラメ記事は書かないでよ
射命丸文
いやそんなの書きませんって
文は自分の撮った写真を確認の為か眺める。
射命丸文
…ほんと幻想郷の方々はお酒が好きですねぇ
博麗霊夢
あら、あんたは嫌いなのかしら
射命丸文
いえいえとんでもない!寧ろ好きな方ですって!
レミリア・スカーレット
あら霊夢、楽しそうね
博麗霊夢
あら、何かしら
レミリア・スカーレット
私も混ぜてもらってもいいかしら?
十六夜咲夜
霊夢、一応例の件は広めておきましたよ
博麗霊夢
そ、ありがとね
博麗霊夢
これで博麗神社は立ち所に有名になって賽銭がっぽがぽ…
レミリア・スカーレット
ここら辺でいいかしらね
1人妄想に耽る霊夢を他所にレミリアは適当に場所を確保して座り込む。
レミリア・スカーレット
さぁ、今夜は宴よ!
十六夜咲夜
畏まりましたお嬢様
霧雨魔理沙
ぷはーっ!
やっぱ異変解決後の酒はうめぇな
博麗霊夢
そうね、やっぱ最高!
博麗霊夢
ほら文も、突っ立ってないで呑みなさいよ!
射命丸文
い、良いんですか?
博麗霊夢
皆で呑む酒の方が美味しいわ
射命丸文
はは、じゃお言葉に甘えて…
文が盃を受け取ろうとすると後ろからふらふらと魔法使いが近づく。
霧雨魔理沙
おい烏天狗ぅ…私とスピード勝負しねぇか?
射命丸文
絡み酒…
霧雨魔理沙
ああ?絡み酒なんかじゃねぇ、折角なんだから、なぁ?
射命丸文
はぁ…じゃ飛びますか
霧雨魔理沙
本気でやれよ?手ぇ抜いたら容赦しねぇぞ!
射命丸文
うっ…勘弁してくださいよ