無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

820
2020/07/17

第17話

16





道枝 side

















高橋 「……っあの、あなた、……すきでした、。




今までずっと、。……っばいばい、」




「…………っえ、」




道枝 「………え、ちょ、」




長尾 「…………………」




道枝 「………えっと、理解できひんねんけど、長尾どーいうこと?」




長尾 「……まぁまぁもう大丈夫やからあとはおふたりで〜」




道枝 「はぁ??え、ちょ、!行ってもうたし、」




「……だね、笑」




道枝 「………あの人がどんな人聞いても大丈夫、?」




「………元、彼かな、笑」




道枝 「そっかそっか、笑」




















































































なんてそこから話が弾むわけもなく、




微妙な空気の中、今日は別れた。




……突然現れては爆弾を落としていったひと。




めっちゃイケメンやったなぁなんて。




……いや、ほんとにあなたのことすきやったんやなって。




……たぶんあなたも、。




彼が現れた時の反応だとか、




彼が近づいてきた時の反応だとか、




彼に告白された時の反応だとかが




すべてを物語っていた。




……きっと今も彼が好きで、




彼もまだあなたのことが好きで。




両思いで、




お互いがお互いを想い合っているのに




叶わなくて、




辛かったんやろなと思うと同時に、




少し安心とモヤモヤが残って。




これが何か、なんて




わからない、気づいていないフリをして




僕はあなたの婚約者として




横に経つ運命なのだろう。