無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

915
2020/05/12

第16話

15





高橋 side

















『…長尾、どーいうことなん、』




長尾 「……よ!みっちー!」




道枝 「…いやなんでおるん!笑」




「……謙杜、?」




長尾 「おー!久しぶりあなた!」




道枝 「え、知り合いなん?」




『ちょ、まじどーいうこと、』




長尾 「んー、あなたとは幼なじみ!」




「そー!って、“ 駿 ” 知り合いなん??」




道枝 「小中同じやってん!」




「あー、そういうこと!」




道枝 「てかなんできたん笑」




長尾 「いやー、気になるやん♡」




道枝 「いいねん帰れ笑」




『………………』




長尾 「…っていうのは冗談で、」




道枝 「…はぁ?笑」




長尾 「……恭平が言いたいことあるみたいやで♡」




『………え?』




「………………」




道枝 「……長尾の友達、?」




長尾 「そうそう、ほら、!~~~~~~~~(ボソッ」








































































長尾が俺にあることを言ってきた。




…………わかってたのに。ほんまはずっと。




やけど今日で確信した。




前に進めてへんかったのは俺だけやって。




………政略結婚っていうからさ、笑




ギスギスした関係で、もしかしたら俺のこと




まだすきでいてくれてるかもしれへん、




そう思ってた。




なわけなかった、笑 甘かったな、笑




あなたはもうあいつと前に進んでた。




俺だけ、俺だけやったんや、。




…………っ、ばいばい、





















































































「…………………」




『……っあの、あなた、………すきでした、。




今までずっと、。……っばいばい、』




「………っえ、」




道枝 「………え、ちょ、」




長尾 「………………」





































































































そう言い残して、店を出た俺。




どうしたら分からんくて走って、




気がついたらよく来ていた公園についてた。




………これで、これでよかったんや。




はぁ、最後くらいかっこよくいたかったのに、




ださかったな、俺、笑




でももう終わりや。………っさよなら、、































































長尾 「……終わらせるチャンス、やで、(ボソッ」