無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
282
2021/08/11

第23話

22





長尾 side

















長尾 「………あなた?」




『へ?ごめん、どうかした、?』




長尾 「大丈夫?顔色悪いけど、なんかあった?」




『え、そう?大丈夫だよ、なんもない!笑』




長尾 「そっか、…そういえばさ、みっちーとはどうなん?笑」




『謙杜の友達なだけあってめちゃくちゃいい人だよ!すごい優しいし、笑』




長尾 「よかった、俺的にもみっちーはおすすめやもん笑」




『おすすめって、笑』




長尾 「まあまあ、笑 ……結婚の話はどこまで進んでる?」




『…………私たちが17になったら婚約、18で結婚、だってさ、笑』




長尾 「………もう決まってるんだ、早いね、」




『焦ってるみたい。今景気よくないし、』




長尾 「こんな親の事情に巻き込まれる俺らってなんなんだろうね、ほんと、」




『仕方ないよ、跡取りだもん、笑』




長尾 「…………まあそうだよね、」




『………うん、』




長尾 「………………………………」




藤原 「(コンコン)……失礼します。」




『あ、いいよ、入って〜』




藤原 「失礼します、……って謙杜か、笑」




長尾 「お邪魔してまーす笑」




藤原 「あ、ちゃうねん、今〜〜が来て揉めてるから(?)、ちょっと来てくれん?」




『え?誰が来たって?』




藤原 「いいからはよ!!」




『え、うん?』
























そう言って丈くんについて行った先では言い争いの声が聞こえた。




ちなみに丈くんは俺も昔から遊んでもらってたから仲良い!!




って、そうじゃなくて!!




…………いつからフランスに帰ってきてたん!?!?
























































?? 「何を考えてるんですか?」




お母さん 「これはあなたのためを思って!」




お父さん 「いとこなだけで関係ないだろう。ほっといてくれないか、」




?? 「これでもずっとかわいがってたつもりなんでね、……この時代に政略結婚って、笑」




『………え、大ちゃん!?』




西畑 「あ、あなた久しぶり!」




『なにしにここに!?』




西畑 「あなたが政略結婚させられそうって噂で聞いたから止めに来た、」




『そんなのいいのに、』




お父さん 「ほら、あなたもいいと言ってるじゃないか!」




西畑 「これが本音だと本気で思ってるんですか?」




『………………………』




お父さん 「……これが会社のためだ。…君も会社の人間ならわかるだろう。」




西畑 「会社のためって、まだ高校生のあなたには関係ないでしょう。」




お父さん 「………それは、」




西畑 「とにかく、僕は西畑家として反対の立場を取らせていただくので。……今日はここで失礼します。」




お父さん.お母さん 「……………………………」




『………え、ちょ、大ちゃん、!』




西畑 「あ、あなた、丈、ちょっと付き合ってくれない?」




『え、どこに、?』




藤原 「ホテルはお取りしましたか、?」




西畑 「いや、頼む。」




藤原 「承知致しました。」




西畑 「久しぶりの日本だからご飯付き合ってよ笑」




『いいけどいろいろ説明してね!?』




西畑 「はいはい笑」


































そう言ってやってきたあなたのいとこの西畑大吾くん。




家がいろいろあって、高校生で会社を引き継いで。




今じゃ大学生なのにフランスで今まで以上に会社を大きくした、というこの界隈じゃ有名な人。




日本にいた頃はずっと可愛がってくれてたんだ笑




懐かしいなぁ、、、本当のお兄ちゃんみたいだったもんなぁ、、、




…………というか事業が忙しい中わざわざ日本に帰って来てまで反対しに来たんだ、、、




………………どうなるんだろ、