無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,031
2020/04/15

第15話

14





高橋 side

















急に長尾から電話がかかってきて




眠たかったし、だるかったけど




電話なんてらめずらしいからでたら




家の前におるからでてこい、と。




いや意味わからんし、サプライズ好きの彼女かよって思ったけど




てきとーに準備してでたら




なんかよーわからんご飯屋さんの前に連れてこられた。





















































『………うん、意味わからん。』




長尾 「大丈夫大丈夫!」




『まじ意味わからんねんけどお腹空いたからなんか食べよ』




長尾 「入るんかーい!笑」








































的なようわからん茶番しながら店に入った。




おしゃれな店で、若い人というか




カップルが多い、笑




なんで長尾とこなあかんねーーーん笑




そう思いながらも店の中を進んでいくと…
































































『なんでこんなとこ長尾とこなあかんねん!笑』




長尾 「え?なんで?」




『カップルばっかやん!ほらあそこm…え、』




長尾 「…………」





























































































近くにいたカップルを見たら見えたのは




俺が会いたくて会いたくて仕方なかった人と




その人の彼氏の姿やった。