第6話

🦎
33
2023/01/24 16:06
杏凪)いや〜。残ったね!

○○)はぁ、

杏凪)なんでため息つくのよー。凄いことなんだから!

○○)でもさぁ、他のとこでも同じくらいの人が受かるってことっしょ?次こそ落ちるわ〜。残念だなぁ〜。

杏凪)なんでちょっと嬉しそうなのよ。

○○)そんなことないですよー?

杏凪)ま、いいや!次の会場は遠い所にあるから1泊とかする予定でいてね!

○○)いいけど、どうやって行くん?お金関係もあるし。

杏凪)そこは任せて!全部やってあげるってママもパパも張り切ってるから!

○○)そりゃいいこと。

杏凪)もう1ヶ月後で、また特技披露だからちゃんと準備してきなさいよ!

○○)言われなくても少しはやりますぅ。

杏凪)それと、その場でランダムで課題が与えられるから覚えておいてね!

○○)その課題ってわからんの?

杏凪)うん。私の予想だとラップとかダンスとかを即興でとかじゃないかなって思ってる。

○○)なるほどね。

杏凪)人が多くなるけど結局別れるから、そんな時間かかんないらしい。

○○)あんたは次何やるつもりなん?

杏凪)またTWICEにしようと思う!Yes or Yes、FANCY…

○○)何しようかな。

杏凪)てか、この前は何やったの?

○○)BTSさんのSpringdayってやつをダンスと歌で。

杏凪)えー!なんでそれ選んだの?めっちゃ難しいと思うけど?

○○)有名だったってのと、1コーラスぐらいだからそんなことなかった。

杏凪)あんたは天才だよ。その能力欲しいわぁ。

○○)そんなんじゃないし(笑)

杏凪)なら、次もBTSにするの?

○○)わからん。とりま有名なのにする。

キーンコーンカーンコーン

友達)んじゃまた頑張ろうね!

○○)はいはい。



何すっかな。

プリ小説オーディオドラマ