無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

赤司くんとの恋愛〜第4話〜
抹茶☆マロン
抹茶☆マロン
こんマロン
抹茶☆マロン
抹茶☆マロン
気ままに投稿している抹茶☆マロンですー
抹茶☆ミルク
抹茶☆ミルク
今日も赤司くんとの恋愛やっていきまーす
抹茶☆マロン
抹茶☆マロン
それでは、どーぞー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
赤司征十郎
赤司征十郎
食べないのか?
水無月あなた
水無月あなた
あっ、い、いただきます
あなたは、赤司をチラッと見る
水無月あなた
水無月あなた
(あぁ、綺麗な食べ方してるな…)
そしてあなたも食べ始める
水無月あなた
水無月あなた
!!美味しい…
赤司征十郎
赤司征十郎
あなたは美味しそうに食べるね
水無月あなた
水無月あなた
え!?あ、りガトう
水無月あなた
水無月あなた
(あ〜↓変な風になっちゃった…)
水無月あなた
水無月あなた
チーズケーキも美味しい?
赤司征十郎
赤司征十郎
あぁ。美味しいよ
赤司征十郎
赤司征十郎
一口食べてみるかい?
水無月あなた
水無月あなた
ふぇ!?いいの?
赤司征十郎
赤司征十郎
あぁ、いいよ
あなたは、自分のフォークでチーズケーキを取ろうとした
すると赤司がチーズケーキをフォークできりとり、あなたにフォークをむけた
水無月あなた
水無月あなた
え?
赤司征十郎
赤司征十郎
食べないのかい?
と、すこしイタズラな笑顔でチーズケーキを差し出した
水無月あなた
水無月あなた
うぁ…/////食べるよ/////
そしてあなたは、チーズケーキを食べた
水無月あなた
水無月あなた
……美味しいです/////
赤司征十郎
赤司征十郎
それはよかった。
赤司はニコニコしながらこっちを見てくる
水無月あなた
水無月あなた
(ん?これって…私も赤司くんにあげなきゃいけない感じ?)
恥ずかしながらも小さい声で赤司に自分のフォークでミルフィーユを差し出した
水無月あなた
水無月あなた
わ、私のもどうぞ…/////
赤司征十郎
赤司征十郎
ありがとう
そして赤司は、ミルフィーユを食べた
水無月あなた
水無月あなた
(ふわわ…/////)
水無月あなた
水無月あなた
(間接キス…/////)
赤司征十郎
赤司征十郎
ん、ミルフィーユも美味しいね
水無月あなた
水無月あなた
そうですよね!!このお店のミルフィーユ私大好きで、中毒性があるくらいなの!だからほぼ毎月このお店に来てて…
気づいたらあなたは、夢中で話していた
水無月あなた
水無月あなた
あ、ごめん…喋りすぎたよね
赤司征十郎
赤司征十郎
大丈夫だよ。それくらいここのミルフィーユが好きなんだろ?
水無月あなた
水無月あなた
赤司くん…
気づくと2人ともケーキを食べ終わっていた
赤司征十郎
赤司征十郎
あ、そろそろ店を出ようか
水無月あなた
水無月あなた
あ、う、うん
水無月あなた
水無月あなた
あ、お会計私出すよ
赤司征十郎
赤司征十郎
いや、女性に払わせるわけにはいかないからね
水無月あなた
水無月あなた
え、でも私のお詫びだし…
赤司征十郎
赤司征十郎
ここのお店を紹介してもらっだけで僕は嬉しいよ
水無月あなた
水無月あなた
(/// ^///)…
水無月あなた
水無月あなた
ありがとう…/////
赤司征十郎
赤司征十郎
どういたしまして
赤司は、優しい笑顔で言った
水無月あなた
水無月あなた
(やっぱりかっこいいなあ/////)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
赤司side
‐チーズケーキを差し出す時-
赤司征十郎
赤司征十郎
(なんで僕はこんな事をしてしまったんだ…)
赤司征十郎
赤司征十郎
(昔の癖が抜けてないのか…)
水無月あなた
水無月あなた
食べるよ
赤司征十郎
赤司征十郎
(食べた…)
赤司征十郎
赤司征十郎
(顔が赤い?照れているのか…)
赤司征十郎
赤司征十郎
(間接キスか…/////)
赤司征十郎
赤司征十郎
(こっちも照れてしまうな…/////)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
第4話終わり
抹茶☆マロン
抹茶☆マロン
どうでしたか?
抹茶☆ミルク
抹茶☆ミルク
うん。いいんじゃね?
抹茶☆マロン
抹茶☆マロン
次回もお楽しみに〜
抹茶☆ミルク
抹茶☆ミルク
👋👋