無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

「ドッペルゲンガー」
今、下校していてそこでちょうど友達の「りんこ」と「ゆみ」を見かけたので声をかけた
まる汰
まる汰
おー!ゆみー!りんこー!
ゆみ
ゆみ
やっほー!
りんこ
りんこ
あれ、1人?
まる汰
まる汰
うん!そうなの!!
「プルルル プルルル」誰かの電話が鳴った。
ゆみ
ゆみ
あ、ごめん
私のだ
ゆみ
ゆみ
「もしもし?」
ゆみママ
ゆみママ
「あー、もしもし ゆみー?」
ゆみ
ゆみ
「はーい?」
りんこ
りんこ
ねえ(小声
まる汰
まる汰
ん?(小声
りんこ
りんこ
盗み聞きしよう(小声
まる汰
まる汰
いいね(小声
(ゆみの携帯に耳をよせる)
りんこ
りんこ
よし、きた(小声
(ゆみの携帯に耳をよせる)
ゆみママ
ゆみママ
「今さっき、職場の病院でゆみ見たんだけど、来たなら言いなさいよ」
ゆみ
ゆみ
「え?」
ゆみ
ゆみ
「私、今までずっと学校にいたよ?」
ゆみママ
ゆみママ
「え?」
ゆみ
ゆみ
「友達とずっと一緒に話してたよ?」
りんこ
りんこ
(うなずく)
まる汰
まる汰
一緒にいたねー!
ゆみ
ゆみ
「ほら!まる汰もこう言ってる!」
ゆみ
ゆみ
「見間違いじゃないの?」
ゆみママ
ゆみママ
「いや、カバンに数量限定のキーホルダーついてたし、手作りの髪どめつけてたよ?」
ゆみが今日手作りで髪どめを作ったと自慢していたことを思い出した
まる汰
まる汰
そういえば言っていたね!
今もつけてるし...
ゆみママ
ゆみママ
「あらー、じゃああれは誰だったのかしら...髪どめは自分の分しか作っていないしね...」
まる汰
まる汰
そういうのってドッペルゲンガーって言うのじゃない?
りんこ
りんこ
ああー、なるほど
ゆみ
ゆみ
「ドッペルゲンガーじゃない?って」
ゆみママ
ゆみママ
「なるほどねえ....」
ゆみママ
ゆみママ
「こんな奇妙なこともあるのね」
この会話をしてからドッペルゲンガーらしきものは現れていないらしい。

見間違いだったのか、ドッペルゲンガーなのか、真相は未だに分かっていない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる汰
まる汰
好きなもの ⋆⸜ 歌い手さん ボカロ アニメ 仮面ライダー⸝⋆ 歌い手さんは莉犬くん推しです 公開中 ↪︎ 【ガチで】本当にあった怖い話 非公開 ↪︎恋、咲き。[公開予定] 浮上は適当にしてます フォロー お願いします!!!!! 最後までご観覧ありがとうございます!!!!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る