無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

バイト中なんですが…!!




食べ終わり、人がいなくなったテーブルを
片しに向かう。


片付けは早い方がいいって、
テヒョンに教えてもらった。



それにしても沢山食べてくれたんだなぁ...
沢山お皿がある...



重ねて、効率よく...!




🐿
🐿
危ないんだけど?
You
へ...?
🐿
🐿
たくさん持ちすぎ
You
でもテヒョンは、
🐿
🐿
お皿って何枚も重ねると
さすがに重いから女子には
あんまりオススメしない


そう言ってテヒョンは
大半のお皿を持って行ってくれた。

嘘じゃん...



You
ちょ、...!
🌹
🌹
へ〜い、スマートだね...!?



テヒョンがいなくなった矢先、
布巾を持ったシアがやってきた


You
スマートだね...
🌹
🌹
え〜い、照れてる?
You
まぁ...まぁ...
🌹
🌹
ん〜、きようぉ〜?


シアが私のほっぺをぷにっとして笑う。




からかって...ひどい...





そんな時新たなお客さんがやってきた。





You
いらっしゃ、い…ませ、...
🐰
🐰
え、あなたちゃん !?
シアちゃんも !!
🐧
🐧
え、本当〜?
ちょっとヒョンよけて!
🐰
🐰
ほ、ほら
🐧
🐧
え、ほんとだ!


そこにはなんとスビン先輩とヒュニンくんが。



なんと偶然このお店に立ち寄ったらしい。




🌹
🌹
うっそぉ...偶然こっわ...


ワイワイとする2人。
それを聞いて奥からやってきたテヒョンとオッパ。



🦊
🦊
ちょ、騒がしいよ...!!
シア、何事?
🌹
🌹
あ、先輩と同級生が
偶然来店したんだ〜
🦊
🦊
え、そうなの?良かったね
🌹
🌹
いや...うん...
🦊
🦊
うん...?
🐿
🐿
うるさいですよ、ヒョン、ヒュニン
🐰
🐰
あ、ごめん...!
You
というか席に案内しますね!
🐰
🐰
あ、ありがとう!
🐧
🐧
お願いします〜!



席に案内すれば静かになった2人。
スビン先輩曰く嬉しさで舞い上がってたらしい。



メニューを2人で眺めて楽しそうにしている。



この2人可愛いよなぁ...と思っていると




🐿
🐿
お冷運ぶ作業どこ行ったの?



お冷をふたつ持ったテヒョンがやってきた。



You
あっ、ごめん...!!


テヒョンはお冷を机に置いてこういった。


🐿
🐿
いいけど、しっかりしてよね


呆れたような笑顔を見せながら
さりげなく通りすがりに私の頬をスっと触った。


You
は...


耳まで赤くなっていくのが分かる。


🐧
🐧
テヒョンってあんなことするの...?
🐰
🐰
テヒョンって、恐ろしい子...


2人がテヒョンに脅えながら
メニューを決ったと言った。


You
あ、はい!なんでしょう...!



私は戸惑いながらも2人の注文をとった。