プリ小説
一覧へ

第13話

第13話 ※
じんたんside
テオくんの長い指が俺の中に入ってきた。



もう気持ちくてどうしていいかわからない




テオくんにされるがまま
テオくん
指増やすね?
指が増えテオくんは中で指を動かした
じんたん
あ!うううん!!やそこぉやだ!テオくん!
テオくんはびっくりしたような顔をしたあとニヤッとした顔になった
テオくん
じんたんのいいところか見つけちゃった❤
やばい…テオくんはSかMと言ったらSだ。



いつも優しいが何気なく俺のことをいつもからかってくる。





なんでいじわるするの?っと前聞いたらじんたんの泣いた顔が可愛いんだってひどい…




テオくんは俺の気持ちいい場所を何度も何度もさすってくる。



やばい…イクかも…
じんたん
ああ…イク…え
テオくんが指を抜いてしまった
じんたん
な、なんで?
ああ、また涙目になってしまった…




これじゃテオくんの思い通りだよ…



でもイキたいのに辛い…
テオくん
ああ、可愛い…その顔ほんとに可愛いね…
テオくんの思い通りになることがイヤでテオくんを睨むが全くもって効果はない。
テオくん
?何その顔可愛い
逆に可愛いなんて言われ耳にキスをされた
じんたん
んん可愛ってやだ…
テオくん
やだってもうそれも可愛いよ
ごめん。もう入れてもいい?
じんたん
うん。テオくんと一緒にイきたい…
テオくん
ほんとに俺煽るのが上手いな笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

モモ
モモ
よろしくお願いします