無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話
じんたんside


女の子になって1週間がたった。



実は…そろそろえ、えっちしたいな…なんて…でも俺から誘うなんて…できないし…
隣にいるテオくんをじっと見る。



テオくんは荒野行動をやっている…



んん…かっこいいな…
テオくん
ん?じんたん?どうしたの?
じんたん
あ、…えっとううん!何でもないよ!
チューぐらいしたいなあ…でも言うの恥ずかしいなあ…
俺は体育座りになり顔を膝に埋めた。



そこからチラッとテオくんを見た。



テオくんまつげ長いな〜



かっこいいなあ…


キスしたいな〜…
テオくん
じんたんさっきから何よ〜ww
もしかしてチューしたいとか!wwなんてね!ってえ?
俺はその言葉を聞いて顔が赤くなった
じんたん
い、いや違う違うよただテオくんかっこいいなってちゅ、チューなんて…
ごにょごにょ言っていたらテオくんの顔が近ずき俺にチュッと短いキスをした。
じんたん
え…
テオくん
俺もずっとしたかった笑
テオくんは俺の頭に手を回しさっきよりも長めのキスをした
じんたん
ん、んん…
俺もテオくんの首に手を回した。
テオくん
じんたん…
テオくんが俺のおでこにコツンっとおでこをくっつけた
テオくん
じんたん…好きだよ…
じんたん
ふふ…俺もテオくん大好き
幸せだなあ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

モモ
モモ
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る