無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さん
花宮side
今日は、朝からモーニングコールされた花宮デス
犯人は、恵比寿です←目黒だし!by目黒
内容は買い物について来いって だるっ
私の睡眠時間を返して! 
どこに行くかは知らんけどタピオカ請求せねば!
もうすぐめめ来そうなんで準備します
しかもポニーテールをしろと!
なんで?って聞いたら、そっちの方が可愛いからだって
まぁ私は可愛いからね!←自覚症状あり
ほんとにめめが来そうなんでそろそろ準備します
ピンポーン
『はぁーい』

ガチャ

目黒「おはよ!てかやっぱりポニーテール可愛いじゃん」

『せっかくの私の休日をモーニングコールしないで!』

目黒「だってあなた誘っても仕事って言うし、休みかと思えば翔太クンとかと遊んでるし!」

『何?嫉妬?』

目黒「ちげぇーし////」

『てか、今日どこ行くの?』

目黒「ついてからのお楽しみ」

『なにそれ!サプライズですか?』

目黒「準備終わった?」

『終わった!』

目黒「今日、車だから」

『えっマジ!』

目黒「そんなに喜ぶこと?」

『だってめめが運転してるの見たことないもん!』

目黒「そうだっけ?」

『うん、ない!』

目黒「そろそろ行こっか」

目黒side
どーも目黒です
今、運転中だけどあなたがめっちゃ眠そーな顔がかわいい!


『あなた眠いなら寝ていいよ もうちょっと時間かかるし』

花宮「じゃあ、そうしよっかな」

今日はあなたにサプライズで夢の国に来てるから反応がちょー楽しみ!




目黒「あなた!ついたよ」

『つぃたぁー?(目を開ける
ふぇ?ここって、、、』

目黒「そぉでーす!ここは夢の国でーす」

『なんで?』

目黒「だって1日誕生日だったじゃん
だからサプライズ!」

『まじで!うわぁーめめ好き』

目黒「じゃあ、ハイ(手を差し出す)」

『ん?』

目黒「あなたはすぐ迷子になるから俺と手繋いどこ」

『ん////(手を差し出す』