無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まりがあったのならば終わりもあるもの。
夜の勤務終了後、師長さんと面談があり



「突然だけど、2階に異動になりました。」
と突然言われた。
そろそろだとは思っていたが、まさか自分が異動になるとは。
そうだよね。入職してからずっと3階に居たから。
「分かりました。」
私は頷いた。
師長さんは
「大丈夫だよ。異動は主任さんもそうだから。」
と言っていた。
帰る車の中で考えていた。
「大丈夫なのかな」っと。
そんな時に流れてきたあの曲の歌詞が私の今の状況に似ていた。
「始まりがあったのならば終わりもあるもの。
馴染めない街でも不意に明日をみたよ。」
ここの歌詞だ。
始まりがあったのならば終わりもあるもの。3階に入職して、2階への異動

馴染めない街でも不意に明日をみたよ。初めての異動で不安でも明日を見よう。
と思った。