無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

始まりがあったのならば終わりもあるもの。
家に帰って、親に早速話した。
「2階に異動になった···」
ってことを。
主任さんも一緒に行くこととかも交えて話した。


でも家に帰って冷静になり、考えれば考えるほど

2階に行くことが不安でしょうがなかった。
自分で必死に

「大丈夫。主任さんも一緒に行くから大丈夫。」

と心の中で呟いたが、駄目だった。
心が押し潰されそうだった。


怖い。怖い。怖い。怖い。怖い。


そう思うようになってしまった。
そして、私はスマホのメモに、自分の、思っていることを書いた。
「不安でしょうがない。
2階に、夜勤とかで入っているならばまだ不安もない。だが2階に行ったことない私が異動になって、留学生もいるなかで、まだ留学生の子達がまだちゃんと動けない中で、2階の事を知らい私が行って、他のスタッフの仕事に支障をきたすんじゃないか。
メモをして必死に覚え、迷惑を掛けないようにしたいが
不安でしょうがないです。不安で心が押し潰されそうです。
行きたくないわけではないんですが、不安過ぎて、何かやってしまうんじゃないかって思うと怖いです。」
そう書いた。


そして、その胸のうちを師長さんに話そうと思った。