無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

四十二話【小夜の過去】
私の親は全然かまってくれなかった
小夜
小夜
お父さん.....お母さん....
母親
母親
何?
父親
父親
俺達は仕事なんだほっといてくれ
小夜
小夜
ご、ごめんなさい....
親がkillerな事もあって自分も練習しなければいけなかった
だけど光があった
千夜
千夜
お姉ちゃん!遊ぼう!
小夜
小夜
千夜!
千夜
千夜
今日はなにしてあそぶ⁉
小夜
小夜
じゃあ....
小夜
小夜
こちょこちょー!
千夜
千夜
キャー!あははっ!
だけどそんな幸せな日が続くわけもない
小夜
小夜
おはよう!ち.....よ...?
小夜
小夜
千夜!どこ⁉
母親
母親
朝からうるさいわ
父親
父親
少しは静かにしてくれ
小夜
小夜
千夜がいないの!
父親
父親
は?アイツの事か
母親
母親
いなくなったって変わらないわよ
小夜
小夜
そ....んな....
母親
母親
それよりも今日は練習よ
小夜
小夜
やだっ!千夜のことを探すの!
父親
父親
そんなヤツの事なんか関係ないだろww
小夜
小夜
は....?
私はついにやってしまった
小夜
小夜
千夜の事を悪く言う奴が...
小夜
小夜
生きてる意味ないだろ!!
グサッッッッッッッ
小夜
小夜
ハァハァ.......
小夜
小夜
.....千夜!
バタン。
小夜
小夜
千夜...千夜!
キキーッッッッ!!
小夜
小夜
えっ
ドンッ・・・
ーその後1回だけ会った気がするー
千夜
千夜
お姉ちゃん...大丈夫...?
小夜
小夜
ち..よ...?
千夜
千夜
良かった...
小夜
小夜
千夜は....だい...じょうぶ...?
千夜
千夜
うん、大丈夫!
千夜
千夜
お姉ちゃんに言いたいことがあるの
小夜
小夜
なに...?
千夜
千夜
私ね、しばらくおでかけするよ
千夜
千夜
きっとまた会えるから。
小夜
小夜
なんで...?
千夜
千夜
しばらく行方不明のkillerでいさせてね。
千夜
千夜
ごめんね、ばいばい
スッッッ......
小夜
小夜
ん.....
小夜
小夜
千夜...
killer.....千夜がkillerになるんだったら
私もなれば見つけられるも
小夜
小夜
どうしよ.....殺し屋の仕事ってどこでするんだろ
雫
大丈夫ですか?
小夜
小夜
えっ....
雫
えっと....服が血だらけですよ...
小夜
小夜
あっあの.....これは...
雫
大丈夫だよ、私はkillerだからわかってる
小夜
小夜
雫
目が一般人と違う。
雫
逃げてるなら私のkillerHouseに来る?嫌ならいいけど...
小夜
小夜
killerHouse⁉そんな所あるんですね...
雫
うん!良ければ来ない?
小夜
小夜
はいっ!あの...私の名前は小夜です!
雫
私の名前は雫だよ。よろしくね
小夜
小夜
雫ちゃんよろしくお願いします!
雫
敬語やめる?
小夜
小夜
あっそうだね!
雫
じゃあ小夜は何が目的でkillerHouseに来るの?
小夜
小夜
私は.....
「千夜なんて関係ないだろ」
「お姉ちゃん、ばいばい」
「行方不明のkillerでいさせて」
小夜
小夜
killerの妹のことを探すために
雫
じゃあ改めてよろしくね!小夜
小夜
小夜
よろしく!
タタッ...
小夜
小夜
ここが....killerHouse....
雫
少し怖いかな...?
小夜
小夜
だ、大丈夫!
雫
ごめんね、このkillerHouseは結構昔から使ってるから薄暗いし倉庫みたいだけど
小夜
小夜
なるほど....
ボス
ボス
雫?と誰だ
雫
あ、ボスお疲れ様です!
小夜
小夜
ボス⁉
雫
この子がkillerになりたいみたいだからkillerHouseにいてもいいですか?
ボス
ボス
なるほどな、目的があるならいいぞ
小夜
小夜
ちゃんとあります!
ボス
ボス
そうか....じゃあ新しいkillerとしてよろしくな
小夜
小夜
はい...!
雫
小夜は運動とかできる?
小夜
小夜
親に教えてもらってたから少しは....
雫
じゃあやってみよ!
こうして私は「殺し屋」になりました