前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
761
2019/02/17 17:17
あなた

行ってきます!(*^^*)

お母さん
行ってらっしゃーい!
お姉ちゃん (れな)
いってらー





ガチャ






______________________________










私は中学2年生



芥川あなた


私には高校3年生の姉がいる


容姿は全く似てなくて


姉だけが親に似ている

けれど

私の方が何もかも優れてるすぐれてるらしい


でも皆姉が可愛くて仕方が無いそうだ


親だけは私を可愛がってくれるが


皆が姉を可愛がる


産まれた時からひいきはあった


明らかに接し方が違ったり


物を貰える頻度ひんどが違った


誕生日プレゼントなんてかれこれ……


小4の頃から貰ってない


それなのに姉は毎年プレゼントを貰っていて


誕生日以外も色々貰っていた


正直に言うと、




『私のは無いのにお姉ちゃんのはあるんだ』




と、ずっと思っていた


私には無い、姉にはある


何で?


私何かいけない事した?


あ、もしかして、勉強できないから?



じゃあ頑張る!


小学生の私は必死に頑張った


持ってくるテストは全部100点にした


あなた

見て見て!お母さん

お母さん
なに?
あなた

テスト100点とったよ!

お母さん
凄いね!
あなた

んふふ、でしょー♪

あなた

おばあちゃんに見せたら喜ぶかな?

お母さん
連絡しといてあげるから、行ってみたら?
あなた

うん!、行ってくるね!



小学4年生の私は自転車で


なるみおばあちゃんさんの家に向かった



喜んでくれるかな?


今日は優しくしてくれるかな?



私は笑顔でなるみさんの家に入った




ガチャ


あなた

おばあちゃん!おばあちゃん!見て!

なるみさん
なに
あなた

テストで100点とったの!

なるみさん
へー、よかったね。
あなた

、うん



それだけなの?


もっと


『凄いね!』


とか


『頑張ったね』


とかないの?

なるみさん
それだけ?
あなた

うん!凄いでしょ?

なるみさん
うん、そうだね。
なるみさん
あっ!そうだ
なるみさん
れなお姉ちゃんに今日おばあちゃんの家おいでって言っといてくれる?^^*
あなた

分かった!



私の話の時には


一切いっさい笑わなかっかのに


お姉ちゃんだと笑うんだ



なるみさん
それじゃあ、もう帰りなさい
あなた

分かった。




私はまた自転車に乗り帰っていた




1回100点とっただけじゃダメなのかな?



よし、次のテストから全部100点にしよう!



私はそれから1回も100点以下は


とったことがなかった


あなた

お母さん!100点とったよ!

お母さん
あなたの100点は見飽きちゃったんだよね、
あなた

お姉ちゃん (れな)
ママー!37点採れた!
お母さん
おー、凄いじゃん!
あなた

低くない?

お姉ちゃん (れな)
中学生のテストは難しいんですー
お母さん
頑張ったね!
お姉ちゃん (れな)
でしょw!



ねぇ私は?


『頑張ったね!』は?


『凄いね!』は?


私には無いの?




賞状しょうじょうあれば褒めてくれるかな?






私は色々な賞状を持ち帰った



お母さん
こんなに多いと邪魔だねw



邪魔にならないもの…



じゃあ、髪とか肌とか綺麗にしたら




褒めてくれるかな?




お母さん
可愛いね!あなたは顔立ちがいいから
髪セットしただけで違うよ!
あなた

ほんと?

お母さん
うん!肌もさらさらだしいいんじゃない?



凄い誉めてくれた!



やった!







お母さん
今日はそれで行くの?
あなた

うん!服も可愛いでしょ?

お母さん
可愛いよ^^*


私の家は会社で



おじいちゃんが社長だから



集まりに私も出席はする







会場についた


お母さん
れなはお母さんと一緒ね?
お姉ちゃん (れな)
はーい
お父さん
あなたはお父さんと一緒
あなた

うん!



挨拶とかが終わって



皆バラバラに喋っていた


お父さん
あなたトイレ大丈夫?
あなた

行きたい

お父さん
1人でいける?
あなた

うん、

お父さん
迷子にならないようにな!
あなた

分かった!





私は会場をでてトイレの個室に入った





バタンッ



「疲れるねぇ」



「そりゃあ、これだけ人が居ればね」




トイレに聞き覚えるある声の人が入って来た




「そういえばあなたが」






あ、おばあちゃんとお母さんだ!



私がなんだろう?



なるみさん
そういえばあなたが目つき悪いだの
愛想がないだの態度が悪いだの言われるから
連れで来ないでって言ったでしょ?
お母さん
そう言う訳にもいかないでしょ。
子供1人で留守番なんて、
なるみさん
5歳の頃からあの子なんて留守番出来たでしょ、
お母さん
それは、用事があって、
なるみさん
なんでもいいけど
なるみさん
次は連れてこないでよね。
お母さん
はいはい























え?

















あいそ、が、、、目つき、、、が、たい、ど?、、が







わる、い、、、だけで、





そ、う…………なん、だ











ジャー



ガチャ






確かに笑ってないから目つき悪く見えるね






勉強の寝不足もあったから






クマもあって余計だね




あと態度?



あー、会社の人の手作り苦手なもので




ちょっと苦手って言ってからかな






そっか















私が皆から嫌われる原因





















それは




































『本当の自分』だからだ























面白くなかったら笑わない














嫌いだったら嫌い












こういうのを辞めればいいんだ








































始めたらもう戻れない




























それでもいい




























皆から好かれるなら





























『バイバイ』




『本当の私』





























『初めまして』




『偽物の私』











•*¨*•.¸¸☆*・゚

プリ小説オーディオドラマ