無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12__仲直り。
ユンギ
ユンギ
……(静かに家に入る)
ユンギ
ユンギ
ん、……いい匂い。
ユンギ
ユンギ
あ、オムライス……
俺の大好物じゃん。
ユンギはそっとあなたに近づく__
あんな
あんな
……(涙)(寝)
ユンギ
ユンギ
。ㅋㅋㅋ……泣いてやんの、
(あなたの涙を拭き取る)
ユンギ
ユンギ
、、ただいま。…
お前の好きなケーキ屋さんの買ってきたぞ。
お前、これがあると機嫌治るとかすげぇわ。
まぁ、お前の母ちゃんに聞いたけどな
あんな
あんな
………………(起)ん、
あんな
あんな
ハッ!!…………ゆ、ユンギッ(涙)(ギュウゥ)
ユンギ
ユンギ
ワッ!!ちょ、き、急にどうしたッ
あんな
あんな
……どこ行ってたの?…
あんな
あんな
帰ってこないかと思った…
ユンギ
ユンギ
お前を1人にするわけねぇだろ。…
あんな
あんな
え、…?
ユンギ
ユンギ
あ、……(汗)
さ、さっきはごめんな。これ。
あんな
あんな
なに?これ……
ユンギ
ユンギ
開けてみて。
箱を開けると
そこには__
あんな
あんな
え、私の大好きなケーキッ……
あんな
あんな
な、なんでッ
ユンギ
ユンギ
……お前のことはなんでも、しってんだよ。
(あなたの母に聞いたとは言わない)
あんな
あんな
……嬉しぃッ…あ、…
あの。
あんな
あんな
さ、さっきは本当にごめんなさい。…
あんな
あんな
心配してくれてたのに、
あんな…酷いこと言って……。
ユンギ
ユンギ
あ、……いいよ。
あんな
あんな
ほんと、……ごめんなさい。
しばらく沈黙が続く__
ユンギ
ユンギ
…大事な話があるんだ。、