無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7__いない。
ユンギ
ユンギ
(あれ、さっきのあなたぽかったな_)
お昼すぎにユンギは家に帰った。
……でも、あなたの姿がなかった。
ユンギ
ユンギ
あれ、アイツは…
夜の10時過ぎ__
ユンギ
ユンギ
まだかよ。…どこに行ったんだよ。
ユンギはあなたを探しに無我夢中で走っていた
あんな
あんな
……私、これからどーしよ、
雨が降り出す__
ユンギ
ユンギ
?!!!嘘だろ、早く探さねぇとアイツが濡れちまう
あんな
あんな
あ、…雨……(涙)
あれ、私…なんで泣いてるの、ッ。