無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1__見合い。
皆さん……助けてください。
私は今。この豪邸で知らない人が目の前にいて、状況を把握できない状態なんですッ
ユンギ父
ユンギ父
こんにちは。
ミン ユンギの父です、
あなたちゃん?落ち着かない様子だが、
大丈夫?
もしかして、お話はまだ聞いてないのかな?
あんな
あんな
(   ・д・   ポカーン…は、話とは?
ユンギ父
ユンギ父
ㅋㅋㅋ……
まだ聞いてなかったのか、
実は私の息子とキムさんの娘さん。あなたちゃんが結婚するんだ。
お互いの会社を支え合うのに、手を組もうと思ってな。
急な話でごめんなさい。
あんな
あんな
え、あ、そ、そ~なんですか😅
(side)
どーいうこと、私が?え、嘘。えーーーー!
ユンギ父
ユンギ父
あ、自己紹介しよう。
ほら、ユンギ。
ユンギ
ユンギ
はい。
ミンユンギです。よろしく。
あんな
あんな
キムあなたです。
よ、よろしくお願いします。
あなたside
何こいつ~!!初対面で自己紹介してるのに、
目も合わせず、生意気なッ
……と、徐々に話が進み新居に移動。
あんな
あんな
え、こ、ここですか?
すごくご立派な建物✧︎
ユンギ父
ユンギ父
そ~だよッ!ここが新居だ。
必要な物は揃えてあるから、困った時はいつでも連絡していいからな。
じゃ、私はこれでッ
(鍵を渡される)
2人きりに…………

さぁ、あなたはこれから一体どうなるのか。
高評価だと出します♡